宮古島 子供
ホーム
Miyakojima-Jiten
文化
いきもの
かんきょう
sangyo
歴史
島の未来
生活
ご家族の皆様
リンク
 
 
 
 
 
 

宮古島の民謡

 
民謡検索
 
豊年の歌 漲水ぬクイチャー 根間の主 なりやまあやぐ
鬼虎ぬ娘のあやぐ    
 
       

  ばんがむり (平良の子守唄)
  宮古島でも昔は、若い娘の多くが家計(かけい)を助けるために子守り奉公(こもりぼうこう)といって、他人の家に住み込みで雇(やと)われ、その家の子どものめんどうをみていました。
「ばんがむり」 という歌は、子どもをあやしながら歌った子守唄です。 オバアが孫の守(もり)をするときなど、かなり最近まで歌われていたそうです。
 
 
歌詞 歌の内容
 
 
1. 泣きなようや うとぅがま
ヨーイヨイ 
ゆうんなようや うとぅがま
ヨーイヨーホホホーイーイイーイー
泣(な)かないでね赤ちゃん 
ぐずらないでね良い子だから
     
2. 泣かだなしゅうてぃ 母(あんな)がぷいなり
ヨーイヨイ
ゆまだなしゅうてぃ うやが丈(たき)なり
ヨーイヨーホホホーイーイイーイ
泣かないでお母さんみたいに
育つのよ
ぐずらないでお父さんのように
大きくなってね
   
3. 汝(うわ)が母大芋掘すが
ヨーイヨイ 
汝が親大だく取すが
ヨーイヨホホホーイーイイーイ
お母さんは大きなイモをほりに
行っているよ
お父さんは大きなタコをとりに
行っているよ
     
4. 大芋 (うぷんむ) やちか ばりゃあずだまな
ヨーイヨイ
小芋(いみんむ)やちか 1個(ぴとすず)だまな
ヨーイヨホホーイーイーイイーイ
大きいイモなら分け合って
食べようね
小さいイモなら1個ずつ
食べようね
     
5. 大(うぷ)だくやちか一手(ぴつでー)だまな
ヨーイヨイ
小(いみ)だくやちか一匹(ぴとたら)だまな
ヨーヨホホホーイーイーイイーイ
大きいタコなら足を1本ずつ
食べようね
小さいタコなら一匹ずつ
食べようね
     
6. 私(ばん)が守(む)りぷどぅらさば
ヨーイヨイ 
姉がくぎ丈(たき)わさば
ヨーイヨホホホーイーイーイイイー
わたしが子守りをしてあげるから
お姉さんが あやして育ててあげるから
     
7. .どぅすぬぱな生りゃしゅうてぃ
ヨーイヨイ
あぐぬぱな 生りゃしゅうてぃ
ヨーイヨホホホーイーイーイイイー
ともだちに大事にされるような
同級生(どうきゅうせい)たちにも好かれるような
     
8. 島うすうい照りゃ上がり
ヨーイヨイ 
国やうすうい照りゃ上がり
ヨーイヨホホホーイーイーイイイー
島でも有名な人になって
全国に知られるような
立派(りっぱ)な人になって
     
9.      宮古(みーく)とぅなぎうがまりる
ヨーイヨイ
三十原(みすぱら)んなうがまりる
ヨーイヨホホホーイーイイイー
 
 
宮古の星といわれるような
30あるすべての村のみんなから
尊敬(そんけい)される人になるように
    
 
皆様へのお願い:
「歌の内容」 では、単語ごとにそのまま置き換えるのではなく“その中で描かれる情景を、子どもたちにより分かりやすく表現する” 手法を採用しています。
 


© 2010-2016 Miyakojima Kids Net/Produced by Karin